4cH バイポーラ 電圧電源 VREF100

 VREF100は,-5V~+5Vの範囲で調整可能なクワッドチャネルの電圧源で,各チャネルで最大40mAのソース/シンクが可能です。各チャンネルには、20 µVの設定可能な粗いトリマーと細かいトリマーがあります。VREF100は、広帯域でのノイズが少なく、安定性が高いため、VCOやマッハツェンダーモジュレータなどの高感度デバイスのバイアスに使用することができます。

ご使用方法

クイックスタート

VCCに+9V、-VCCに-9Vを供給します。

PWRスイッチをオンにする

COARSEトリマーで電圧を調整する

 

微調整

各チャンネルの出力電圧は,±50mVでトリミングできます。調整は,内部的にはFINEトリマーで行い,外部的にはネジ端子のTRIM入力に-5 Vから+5 Vの電圧を印加することで行います。ジャンパーにより,2つの動作モード(INTまたはEXT)を選択することができます。

詳細寸法

温度係数

下のグラフは,温度が0~60°Cの間で変化したときのVREF100(設定値は-4V)の出力電圧の変化を示しています。の出力電圧の変化を示しています。温度係数は約10 µV/℃です。

電圧安定性

 VREF100の電圧安定性は、温度25°C、出力電圧-4Vで24時間かけて測定しました。 

 対応するAllan deviationを以下に示します。5秒から100秒の間に、300nVの最小アラン偏差が見られます。

電圧ノイズ密度

 以下のグラフは、異なる出力電圧で100Ω負荷を駆動したときのVREF100の出力電圧ノイズ密度を示しています

電流駆動能力

 VREF100は、出力電圧が4Vのとき、最大60mAの電流を供給または吸収します。出力電圧が-4Vのとき、最大40mAをシンク、最大60mAをソースする。

アプリケーション 電圧制御発振器(VCO)の制御

 VREF100-50を使って、ミニサーキット社のROS-2500電圧制御発振器を制御しました。

VCOは4Vで制御され、VCOの出力周波数は1.7GHzとなります。

■ お知らせ

東北エリア鶴岡支店2月1日

山形県鶴岡市みどり町12-10

COREビル1F にて営業開始

AM9:00~PM17:00

Email:tsuruoka@yhtc.co.jp

TEL: 0235-35-0771

 

Contact us

E-mail: laser@yhtc.co.jp

 

We will be happy to respond to your inquiries.