バタフライLDマウント デジタル制御駆動ボード

 CTL200は、人気のアナログレーザーコントローラーCTL101のデジタル版です。低ノイズの電流ドライバに変調機能と温度コントローラを組み合わせています。CTL200は、75 mm x 75 mmの正方形に収まり、5.9 Vの単一電源を使用し、0~50°Cで動作します。CTL200は伝導冷却方式を採用しています。CTL200は伝導冷却式で、アルミニウム製のベースプレートと挿入力ゼロのソケットが付属しており、簡単に取り付けることができます。また、CTL200には、ネジ端子タイプもあります。

基板詳細寸法

CTL200のご使用方法

 

 CTL200部材配置図

搭載適応LD素子

 CTL200-1 / CTL200-2は、タイプ1 / タイプ2のバタフライ・レーザー・ダイオードに対応しています。なお、フローティングダイオードにも対応しています。

端子台接続

RX, TX: シリアルインターフェース端子。

AI1, AI2:0~2.5Vの補助アナログ入力端子。

DO1, DO2: 3V3のロジックレベルでLASERおよびTEMP LEDの状態を再現するデジタル出力。

LCK: インターロック端子。

VCC: 3V3出力の供給端子。尚、この端子はCTL200への供給用には設計されていない。

 

電源について

CTL200には5.9V/3Aの電源が搭載されています。CTL200には、バレルコネクタを介して5Vまたは6Vの電源が供給されます。5V電源の場合、コンプライアンス電圧は1V低下します。基板に5V電源を供給するには、SW3をONに設定してください。

重要:端子台のVCCピンは、CTL200への供給用には設計されていません。

 

コンフィギュレーションスイッチ

スイッチ1:SW1がONの場合、起動時にユーザーコンフィグレーションがロードされます。SW1 が OFF の場合は、起動時にデフォルトのコンフィギュレーションがロードされます。

スイッチ2:SW2はファームウェアのアップデートに使用します。通常の運用ではOFFにしておいてください。

スイッチ3:SW3は電源の切り替えに使用します。CTL200 に 5V の電源を供給する場合は SW3 を ON にしてください。

スイッチ4:未使用です。

 

シリアルインターフェース

シリアルインターフェースには、マイクロUSBコネクタまたは端子台のTXおよびRXピン(3V3ロジックレベル/5Vトレラント)からアクセスできます。

 

シリアル・インターフェースは、CTL200の動作パラメータを設定する唯一の方法です。一度設定した内容は、saveコマンドで内部メモリに保存できます。起動時にコンフィギュレーション・スイッチSW1をONにすると、CTL200はユーザー定義のコンフィギュレーションをロードし、シリアル・インターフェースは不要となります。

 

CTL200は、シリアルポートターミナル(WindowsのTeratermなど)から以下の設定で直接制御することができます。

 

ボーレートは 115200

パリティ なし

ビット数 8

ストップビット 1

フローコントロール なし

注:コンピュータがコントローラを認識しない場合は、こちらのFAQもご参照ください。

 

シリアルポート端子の利用サンプル

>>
>>version
V0.1
>>rtset
10000.000000
>>rtact
10000.023438
>>rtset 12000
12000.000000
>>rtact
11999.853516

注)各コマンドの最後には「/」を必ず記入する事。

 

グラフィカル・ユーザー・インターフェース

 Windows用のグラフィカル・ユーザー・インターフェースが用意されています。インストーラーはこのリンクからダウンロードできます。グラフィカル・ユーザー・インターフェースは、温度調節器のPIDゲインを効果的に調整することができます。

コマンド

ステータスLED

STATUS: 通常動作時は常時点灯

LASER:フォトダイオードの電流が10 µA以上になると点灯します。

TEMP: サーミスタの抵抗値が設定値の1Ω以内になると点灯します。

デジタル出力DO1とDO2は,3V3の論理レベルでLASER LEDとTEMP LEDの状態を再現します。

ロジックレベルで再現します。

変調入力

CTL200は、SMAコネクタで利用可能な2つの電流変調入力を備えています。

DC変調入力:DCから10MHzまでの変調が可能です。ジャンパーにより

3つの変調ゲイン(200mAバージョンでは、Low = 250 µA/V、Medium = 2.5 mA/V、High = 25 mA/V)をジャンパーで選択できます。

200mAバージョンでは25mA/V)。) 変調範囲は、LowとMediumの場合は-1.3V〜+1.3V、Highの場合は-1.3V〜+1.3Vです。

変調範囲は,LowとMediumの変調ゲインが-1.3V〜+1.3V,Highの変調ゲインが-1.3V〜1.0Vです。

50Ωの入力インピーダンス)。

100kHz以上の変調に対応したAC変調入力です。変調範囲は±5V(入力インピーダンス50Ω

入力インピーダンス)。) 変調ゲインは20mA/V。

熱対策

TECの電圧制限(vtmin, vtmax)とサーミスタの抵抗制限(rtmin, rtmax)は、レーザーの熱暴走を防ぐ効果があります。

は、熱暴走からレーザーを保護する効果的な方法です。信頼できる動作のために

信頼性の高い動作のためには、アルミニウム冷却ベースプレートを適切にヒートシンクする必要があります。

インターロック

オプションのインターロック機能は、lckonコマンドで起動できます。レーザー電流は

LCKピンがLOWになると、レーザー電流が遮断されます。下図は、外部の光アイソレータを使用した場合のインターロック

外付けの光アイソレータを使用した場合

 

弊社への問い合わせ

営業時間 (月〜金)

9:30~17:00

TEL:042-706-8970

FAX:042-706-8994