変調付 LDカソード接地 LDドライバー DRV300シリーズ

 DRV300は、カソード接地型レーザーダイオード用の低ノイズ電流ドライバです。最大200mAのレーザー電流を駆動し、DC~10MHzの変調入力を備え、変調ゲインを調整することができます。また、精密なトリミング入力により、レーザー電流を外部から微調整することができます。また、最大出力電流10mAの超低ノイズモデルは、VCSEL(Vertical-Cavity Surface-Emitting Lasers)の駆動に適しています。

DRV300のご使用方法

 

基板部材配置図

接続方法

端子台

VCC:電源入力。9Vの電源に接続してください。

EN: レーザーイネーブル端子。2.2V~4.5Vの電圧を印加して,レーザー電流を有効にします。

TRIM: レーザー電流トリミング入力。入力インピーダンスは2 kΩ、入力電圧範囲は±2 V、帯域幅は10 Hz。ゲインは200 mAバージョンで10 mA/V。

IMON: レーザー電流監視端子。このピンの電圧は,レーザー電流に比例します (200 mA バージョンでは 5 V/A)。

LD+: レーザアノード端子。レーザーのアノードに接続してください。

GND: グランド。レーザーのカソードに接続してください。

 

スイッチ

EN: レーザー電流を有効/無効にする。

ILIM: 電流制限のLOW/HIGHのON/OFFを設定。

G0 / G1: 変調ゲインを以下のように設定します。

 G0 G1 変調ゲイン

 OFF OFF High (x 1)

 ON OFF Medium (x 1/5)

 OFF ON Low (x 1/25)

DRV300特性

電流ノイズ

下図は,DRV300レーザ・ドライバを定格電流で動作させたときの電流ノイズ密度を示しています。

電流安定性

下図は,DRV300-A-200レーザドライバで200mAを駆動したときの電流安定性を示しています。

変調周波数特性

下図は,200mA駆動のDRV300-A-200レーザドライバの変調周波数特性です。

トリミング入力の周波数特性

剛性の高い10Hzのローパスフィルター(1kHzで80dB以上の除去率)により、トリミング信号によって混入する可能性のある広帯域ノイズを除去します。

複数のDRV300レーザドライバを組み合わせる

DRV300は陰極接地構造のため、複数のDRV300レーザ・ドライバを並列に配置して出力電流を増やすことができます。また、DRV300は、DRV110超低ノイズ高圧レーザードライバーなどの他のカソード接地電流ドライバーと並列に搭載することができます。

 

下図は、DRV300-A-200ドライバーを1台、2台、3台並列し、各ドライバーを200 mAで動作させた場合の電流ノイズ密度を示しています。

電流ノイズ密度はドライバー数の平方根に比例して増加します(ドライバー数1、2、3でそれぞれ323、455、560pA/√Hz)。

 

弊社への問い合わせ

営業時間 (月〜金)

9:30~17:00

TEL:042-706-8970

FAX:042-706-8994