組込 ・ 試作型 LD駆動制御用周辺要素回路ボード

低ノイズLD駆動基板 DRV100

 DRV100ドライバは,狭線幅のレーザダイオードを動作させるために設計された,小型の超低ノイズレーザドライバです。電源電圧は3Vと低く、ノイズ除去率が非常に高いため、スイッチ電源で直接動作させることができます。レーザー電流は、手動式ポテンショメーターで調整できます。

仕様

DRV100取扱い説明

 基板

設定値のポテンショメーター(黄色で表示)を反時計回りに回して、電流を0mAに設定します。

 

V+とV-のピンを3V~12Vの電源に接続します。

 

オプション)OUT+とOUT-ピンの間に1Ωの抵抗を接続します。抵抗に流れる電流は,IMON端子で測定できます(DRV100-A-200では150 mV = 100 mA,DRV100-A-40では72 mV = 10 mA)。目的の電流に達するまで、ポテンショメータを時計回りに回します。

 

電源をオフにし、OUT+とOUT-ピンの間にレーザーを接続します。

 

電源を入れ、ポテンショメーターを調整します。

 

電気的接続

フローティング・レーザー・ダイオード

フローティングレーザダイオードの場合、以下のような接続が可能です。

ケースは、DRV100の内部でV-に接続されており、アースに接続することができます。グランドループを避けるために、電源のマイナス出力をアースから切り離すことができます。

レーザーダイオードのアノードの接地

レーザーダイオードのアノードがケースに締め付けられている場合は、以下のような接続にしてください。

注)

フローティング電源が必要で、電源のマイナス出力にアースを接続してはいけません。ダイオードのケースは、DRV100のCASE端子に接続しないでください。

カレントノイズ特性

 

弊社への問い合わせ

営業時間 (月〜金)

9:30~17:00

TEL:042-706-8970

FAX:042-706-8994