組込 ・ 試作型LD制御制御周辺要素回路ボード

LDデジタル駆動制御基板 CTL200-0

 CTL200-0は、TECコントローラと組み合わせたデジタル・ローノイズ・レーザ・ダイオード・ドライバです。最大3.2Vのコンプライアンス電圧で最大600mAのレーザー電流を駆動します。これは、デジタルバタフライレーザーダイオードコントローラCTL200のネジ端子バージョンです。

 

注)備考

このガイドは、CTL200のネジ端子バージョンに特科して説明しています。CTL200の一般的な情報については、CTL200取説をご参照ください。

CTL200-0取扱い説明

端子台接続

 

LD+ / LD-: レーザーのアノード/カソード端子です。レーザーの接続には、可能な限り短いツ

      イストケーブルを使用してください。CTL200-0はフローティングダイオードに対

      応しています。

 

VL+ / VL-: レーザーのアノード/カソードの4線式電圧検出端子です。

 

PD+ / PD-: フォトダイオードのアノード/カソード端子。PD+は内部でGNDに接続されていま 

      す。

 

TH+ / TH-: 10Kサーミスタ端子です。

 

TEC+ / TEC-: ペルチェ素子への接続端子。

 

AI1, AI2: 0~2.5Vの補助アナログ入力端子。

 

 

DO1, DO2: 3V3のロジックレベルでLASERとTEMP LEDの状態を再現するデジタル出力。

変調入力

DCから10MHzまでの変調が可能なDC変調入力です。変調範囲は±1Vです。ジャンパーにより、3つの変調ゲインを選択できます。

電源供給

VS端子に7.5V~12.5Vの電圧を供給する必要があります。

コンプライアンス電圧の調整 CTL200-0-B-200

コンフィギュレーション・スイッチのSW3とSW4は、コンプライアンス電圧の調整に使用します。下図は、4つのコンプライアンス電圧設定の場合の、最大レーザー電圧と電流の関係を示しています。CTL200-0-B-400及びCTL200-0-B-600のDATAが必要であれば、問い合わせより請求願います。

CTL200-0-B-200準拠電圧

消費電力を最小限にするために、できるだけ低いコンプライアンス電圧構成にしてください。

 

シリアルインターフェース

シリアル・インターフェースに関する情報は、CTL200のユーザー・ガイドに記載されています。

仕様

外観寸法

 

 お問い合わせ  

営業時間 (月〜金)

9:30~17:00

TEL:042-706-8970

FAX:042-706-8994

info@yhtc.co.jp