200MHz TTL-アナログ光検出器 PD200T

 PD200Tは、TTLとアナログのデュアル出力を備えたInGaAs光検出器です。アナログ出力は500V/Aのゲインと200MHzの帯域幅を持っています。TTL出力は、2.5nsの伝搬遅延、1.3nsの立ち上がり時間、0.7nsの立ち下がり時間を持っています。トリガー・スレッショルドは、精密なトリマーで調整できます。

 

 

仕様

詳細寸法

ご使用方法

VCC端子に3.7V~15Vの電圧を供給します。基板内部では3.3Vに調整されています。3.7 V以上の電源を使用すると,電源ノイズの除去率が大幅に向上することなく,消費電力が増加します。

 

光検出器には,最大2mWの光パワーを供給してください。

 

アナログ出力はSMAコネクタPD out (50 Ωインピーダンス)から出力されます。TTL出力は,SMAコネクターのTTLアウト(50Ωインピーダンス)から出力されます。

 

検知閾値の調整はポテンショメーター(青)で行います。閾値はMON端子でモニターできます。

パルス検出評価特性

  LD100レーザーをパルスモードで動作させた(幅10ns、パルス周期100ns、10V pp

変調)で動作させた。) レーザーの平均出力は850μWでした。この出力の半分がPD200Tに供給されました。

トリガーの閾値は1.0Vに調整しました。下の図は,アナログ出力(青)とTTL出力(紫)を発振時に観測したものです。

(下図は、アナログ出力(青)とTTL出力(紫)をオシロスコープで観察したものです。

 アナログ出力とTTL出力の間の伝搬遅延は約2.5nsです。TTLの立ち上がりと立ち下がりの時間(10~90%)は

それぞれ1.3nsと0.7nsです。

 

PRBS変調

下図の黄色で示した100MbpsのPRBS(Pseudo Random Binary Sequence)でKoheron LD100レーザーを変調しました。

下図の黄色の部分です。緑の曲線は、LD100に搭載された100MHzの光検出器で検出された変調を表しています。

緑の曲線は、LD100の100MHzの光検出器で検出された変調を表しています。PD200Tのアナログ出力とTTL出力は、それぞれ青と赤で示されています。

レーザーの変調(オレンジ色)とPD200Tのアナログ出力(青色)の間の25nsの遅延は、レーザーとPD200Tの間の5mのファイバーに対応しています。

レーザーとPD200Tの間にある5mのファイバーに対応しています。

■ お知らせ

東北エリア鶴岡支店2月1日

山形県鶴岡市みどり町12-10

COREビル1F にて営業開始

AM9:00~PM17:00

Email:tsuruoka@yhtc.co.jp

TEL: 0235-35-0771

 

Contact us

E-mail: laser@yhtc.co.jp

 

We will be happy to respond to your inquiries.