半導体レーザドライバー / LDドライバーKLDシリーズ

概要

本機は、レーザーダイオードを安全且つ、安定的にドライブすることを目的とし研究開発及び生産ラインでの使用を考慮して設計されたLD制御装置です。本製品の構成はLD保護部としてサージ防止回路、スロースタートスローダウン回路、結線異常サーチ回路、電流リミッター回路、温度コントロールエラー検知回路が組み込まれており、各種エラーが働いたときにはアラームとしてLEDが点滅するように設計されております。LD駆動部に、オートカレントコントロール回路(ACC回路)、オートパワーコントロール回路(APC回路)、LDコモン形式選択切換回路、ACC/APC駆動切り替えスイッチが組み込まれています。

ACC回路は駆動電流を、1mAの精度でコントロールができるように設計されており、APC回路では1μAの制御精度でコントロールができるように設計されております。温度コントロール部は、温度制御回路、温度リミッター回路から構成され、温度制御回路は0.01℃の精度で温度設定ができるように設計されています。又、各種モニター表示は、切り替えスイッチを切り替えることによって容易に確認できるように設計され、その他の機能として外部コントロール入力コネクターがあり、駆動電流入力、温度設定入力、LD駆動電流モニター、PD受光電流モニター、温度モニター、LDスタート/リセット、外部制御切り替えスイッチ、温度エラー出力より校正されています。本製品は、各種入力間違いによるLD破損や、現場での使用感を考慮して、LD/PD駆動電流にはボリューム式を、各種切り替えにはダイヤル式スイッチを採用しています。その為ベテランの方は無論の事、初めて半導体レーザーを扱われた方々にも、LDを確実に保護し且つ、長時間安定的に高精度制御を持続、再現性に富んだDATAを得る事を可能にしています。

尚、オプションにて、GP-IBもしくはRS-232C通信用ボードを追加することも可能です。

 

 

(本製品は受注生産品となりますので納期に関しましては弊社担当者にご確認ください)

ご迷惑をお掛け致します。レーザドライバーKLDシリーズ紹介ページは、現在改定工事中です。

LDドライバーKLDシリーズ

■ お知らせ

東北エリア鶴岡支店2月1日

山形県鶴岡市みどり町12-10

COREビル1F にて営業開始

AM9:00~PM17:00

Email:tsuruoka@yhtc.co.jp

TEL: 0235-35-0771

 

Contact us

E-mail: laser@yhtc.co.jp

 

We will be happy to respond to your inquiries.