キャン、バタフライ型に対応する半導体レーザーマウンターはYHTC

|半導体レーザーマウンター|キャン型タイプLD用温調付マウンター|

Φ5.6、Φ9CANタイプ半導体レーザー(LD)専用マウンター

 ペルチェ温調付自然放熱システム方式

LDサイズ      型式

Φ3.8        LD38M

Φ5.6        LD56M

Φ9.0        LD90M

Φ9.5        LD95M

ペルチェ温調付自然放熱システム方式

1. レンズ(コリメート光、スポット光等用途に応じた特性レンズの選択)

2. レンズ鏡筒(選択したレンズを所定の場所に高精度に配置可能な背景を整える)

3. レンズ&LDマウンター(波長・出力の安定化の為、恒温プレート化を実施)

4. ペルチェ素子(半導体PN接合による、温度コントロール帯域は、-40~+200℃)

5. 恒温フロリナート循環、熱交換ヘッド部

6. 熱交換ヘッド部蓋

7. (レンズ&LDマウンターとペルチェを熱交換ヘッド部に配置固定)

8. LDモジュール(本LDマウンターは、数Wクラス以上のモジュールに摘要されます)

9. LD固定スクリュー(レンズとLD素子の配置関係の基準固定スクリュー)

10. 高出力用LDコネクター(駆動電流5A対応)

11. 温度センサー(白金抵抗体、サーミスター、形状Φ0.7×55)

Φ9CANタイプLD8cHマウンターモジュール(NICHIA製LD10W)

フロリナート液内で発振する高出力LD、複雑なマウント無しでシンプルに放熱。

フロリナートを用い信頼性の高い高出力LD光源を提供。

 NICHIA製LDを8cHマウント、コリメート光、高出力タイプモジュールです。

放熱は、恒温フロリナート液をポンプで循環(浄化槽、チラーを装備)、従来の水冷却、ペルチェを用いたシステムと比較し、信頼性、耐久性を高めると共にシンプル構造で小型化したモジュール光源として、ご使用下さい。

 

 モジュール外形寸法: W110×D57×H40   取付穴:M3キャップボルト50×50

 電源:4cH直列駆動電源2台         恒温フロリナート循環システム:1Set

 CANタイプLD素子多チャンネルモジュール化実現します。お気軽にご相談下さい。

LD(1.5W)×24チャンネル

 

モジュール外形寸法: W230×D57×H40   取付穴:M6キャップボルト150×50

 電源:4cH直列駆動電源を6台使用。     恒温フロリナート循環システム:1Set

キャンタイプLD2チャンネル実装型温調付タイプ

 キャンタイプ高出力半導体レーザを安心・安全にドライブ可能な温調付マウンターを提供。

1cH,2cHタイプを用意しています。

形状: W57×H20×D78(実装LD1チャンネル)

    W81×H20×D78(実装LD2チャンネル)

弊社のLDマウンターは、弊社ドライバーに付属するディバイスケーブルで、全てワンタッチ接続、何方にも簡単にスイッチキーをONするだけでLDを駆動出来ます。

 又、既存ドライバー(他社製)をご使用する場合は、ご相談戴ければ、LDマウンターに接続する専用ケーブルを製作致します。

半導体レーザ(LD)マウンター治具

パッケージング型精密LDモジュール マウンター

CANタイプLDホールダー、コリメートレンズもホールド出来ます。型式:Y-9CAN、Y-5.6CAN

コリメータ取付型   型式:Y-9CAN-C 、Y-5.6CAN-C

 静電気に弱いレーザダイオードの製造工程においてLDの取り扱いは歩留まりを左右するポイント となっている。LDを取り扱われる研究室、一般企業の製造ライン又、初めてLDを学ぶ学生さん等へ、安心してLD発振の取り扱いが出来、頓死する事無く安全に作業を遂行出来るよう、工夫され誕生した半導体レーザ(LD)マウンター治具を以下に紹介致します。

 

CANタイプLDマウンター温調付
MODEL
 KJG-3PT-φ5.6
 KJG-4PT-φ5.6
 KJG-3PT-φ9
 KJG-4PT-φ9
弊社専用接続ケーブルでKLTシリーズに接続ご使用下さい。

 

バタフライ型LDマウンター治具

 本治具は、ベース板中央4か所にに配置されたM2によりLDを固定し、左右のコネクターをモジュールに接続する事で、何方でも簡単にLDの発振現象を得る事が出来ます。尚、本治具ベース板は、ヒートシンクの役割を果たし実装モジュールの発熱を放熱致します。

  MODEL_KCG-14BP

 

 

 

弊社専用接続ケーブルでKLTシリーズに接続ご使用下さい。

 

バタフライ型LDモジュールホルダ(CW駆動タイプ) / MODEL_KJG-14BP

 

 

弊社専用接続ケーブルでKLTシリーズに接続ご使用下さい。

 

 

バタフライ型LDモジュールホルダ(外部変調駆動タイプ) / MODEL_KJG-14BPM

 

 

弊社製LD電源【KLD-300LT】に接続することでLDを一定温度下で駆動できます。

弊社製LD電源【KLD-300LT】に接続することでバタフライ型LDを半田接続することなく、一定温度下で駆動できます。

弊社製LD電源【KLD-300LT】とファンクションジェネレータをバタフライ型LDに半田接続することなく、一定温度下でのLD変調駆動を可能にします。

弊社製LD電源【KLD-300L】とファンクションジェネレータを接続しますとLDを半田接続無しで1GHzvの変調がかけられます。

 ICLDモジュールホルダ(外部変調駆動タイプ) / MODEL_KJG-8DP / 8DPM


 BURN-IN JIG / キャリアチップタイプLDホルダ

CANタイプLDホルダ

問い合わせ TEL:042-706-8970

安全安心ものづくりに活用下さいYHTCの技術

試作屋】【機械屋】【板金屋】【基板屋】【半導体レーザー制御用機器】【モック屋】【プラスチック成型

認知早期判定測定器】【救急医療情報キット】【電動車椅子ASSIST】【マグネット製品】【命のカプセル

計測機器用標準規格ケース

 

お問い合わせ

■年末年始休暇

 仕事納め12月28日

 仕事始め1月4日

 

お問い合わせ  

営業時間 (月〜金)

9:30~17:00

TEL:042-706-8970

FAX:042-706-8994

info@yhtc.co.jp

 

お知らせ