コロナウイルスはタンパク質/ウイルスのDNAは紫外光で殺菌が可能。

紫外線222nm 人体皮膚への安全性と殺菌効果の両立を立証 新たな感染症予防・治療法開発神戸大学大学院医学研究科外科系 黒田良祐 教授グループ

※研究結果 

 222nm紫外線直接照射による人体皮膚への安全性※1および殺菌効果※2の検証に関する論文が、米国科学雑誌「PLOS ONE」に8月12日(現地時間)付けで掲載される予定。

 今後、外科手術時の術野消毒や殺菌を目的とした医療機器の開発を始め、医療分野における感染症克服に向けた紫外線活用の研究をさらに推し進めていきます。

 500mJ/cm2紫外線を20人の正常皮膚に直接照射し、急性障害である紅斑の発生なく常在菌を殺菌した。

 これにより、222nm紫外線の人体皮膚への安全性と殺菌効果の両立が立証された。(これまでのマウスを対象とした検証では、222nm紫外線の繰り返し照射による皮膚細胞のダメージテストおよび発がん試験にて安全性を確認し、角膜炎、白内障といった目に対する影響もないことを確認済み※3

 

※背景

 医療において最も問題となる疾患の一つに感染症があります。しかし、殺菌、ウイルス不活化の方法は限られており、古くから行われている手術野の消毒液による消毒や洗浄等しか方策がないのが現状で、実臨床における大きな課題となっています。感染症を克服するためには、これまでにない、新たな予防・治療手段の開発が必要で、これが医療界で切望されています。

 本研究では、外科手術時感染リスク低減のため222nm紫外線を応用、実用化すべく、まずヒトでの安全性を調べることを主目的とした臨床試験を計画しました。

 

※概要

 従来、多剤耐性の殺菌においては、UVC紫外線のうち主に254nmが用いられてきましたが、人体に直接照射すると10mJ/cm2程度で皮膚の急性傷害の指標である皮膚が赤くなる日焼け反応(紅斑)が現れるため、人体への直接照射は難しいとされてきました。しかし、今回照射したウシオ製222nm照射装置(Care222)による222nmの場合、500mJ/cm2という高い照射量でも皮膚に急性障害が発生しないことが臨床試験で確認されました。

 

※実験方法

 20名の健常者ボランティアの背中部10mm × 10mm領域に対し、ウシオ製222nm照射装置(Care222)を用いて各50、100、200、300、400、500mJ/cm2照射し、24時間後に紅斑の有無を確認しました。その結果、20名全員において紅斑が確認されませんでした。その後、同背中部40mm × 40mmに対し、500mJ/cm2を照射し、照射前、5分後、30分後のそれぞれで皮膚常在菌の数を測定(スワブ面積は20mm × 40mm)した結果、照射前、照射5分後、30分でそれぞれ、7.21個、0.05個、0.79個と殺菌効果が確認されました。

※実験内容

 紫外線に対して非常に感受性が高く、野生型マウスに比べて約10,000倍皮膚がんになりやすいとされる色素性乾皮症A群※2モデルマウスに対して222nm殺菌ランプを繰り返し照射し、皮膚と眼についての安全性を検証しました。

 対照として、太陽光中の皮膚がんを起こさせる波長であるUVB(波長 280~315nm)を照射した群では、すべてのマウスに皮膚がんができ、また角膜の損傷や白内障などの影響も広範に認められました。

 それに対して222nm殺菌ランプ照射群マウスでは皮膚がんが全く出来ず、眼については島根大学眼科学講座(谷戸 正樹教授)の協力のもと検証を行いましたが、顕微鏡での観察レベルでも全く異常が出ませんでした(図1)。

 また、222nmが無害であった理由は、その深達度にあることが分かりました。皮膚においては、従来の紫外線が皮膚の表皮の基底層という一番下層にまで到達し、細胞のDNAを損傷させてしまうのに対し、222nmは角質細胞層という極めて表層の(垢になる)部分までしか到達しないため、表皮細胞のDNAを損傷させないことが明らかになりました。

神戸大学 Ressearch at Kobe より

注意 : 

エキシマランプ222nm光を人に対し使用する場合、1日間に対する許容照射時間を、8時間以下とする事が望まれる。ランプ敷設に当っては制御SWと併用使用が望まれる。

感染症防止簡易シェルター C222-ARE

感染症防止簡易シェルター システム概要  型式:C222-ARE

 

今後病院は来院患者の受付の前に、コロナウイルス感染者とインフルエンザ等一般診療との判別の為PCR検査を行う事と成り、病院は今後の来院受付窓口として、感染防止簡易化カプセルが必要となる。又一般家庭に於ては、家族への感染防止は難しく、安全・安心な感染者隔離商品が待ち望まれている。

左部屋に来院患者、右部屋病院職員、左部屋にはC222ランプ2基、エアー吸引システム、除菌BOXが配置されて居り10分間隔(UV殺菌所要時間)での受付が可能。

簡易隔離シェルターの特徴

A.   カプセル内にコロナウイルス殺菌用UV光源短波紫外光ランプを配置し、カプセル内を低圧に保ち、完全除菌した空気を屋外に排気するシステム。

B.   プラスチックパイプで隔離部屋を、ベッド或は、寝具等の形状に合わせた立方体フレームを組上げる。

C.   プラスチックパイプフレームにビニール材で底辺部を除く5面の立方体隔離カバーで組立られる単純簡易隔離カプセル。

D.   プラスチックパイプフレームに逆流防止排気窓口を配置し、空気清浄器と排気窓口を蛇腹ホースで接続し、完全除菌した空気を屋外に排気するシステム。

E.   窓サッシフレームにC.と同様の排気窓口を配置する。

 

F.  排気ファンコントローラを配置

 

簡易シェルターのフレーム外観寸法

 

殺菌BOX(253.7nm/90W)99.99%殺菌

 

エアー吸引システム(フィルター付)   C222nmランプ


 

 お問い合わせ  

営業時間 (月〜金)

9:30~17:00

TEL:042-706-8970

FAX:042-706-8994

info@yhtc.co.jp